Webサイト分析

なぜWebサイト分析が必要なのか?

クライアント様のなかには「なぜ分析が必要なのか?」「プロの目で最初からしっかり作ってほしい」と言われる方もいるでしょう。
しかしサイトは公開後にはじめて効果がわかるものです。
公開後のデータを解析し、次へつなげる提案をおこなっています。

近年Webサイトは公開後、アクセスデータを分析し改善を加えていくことが重要視されています。
当社ではGoogle Analyticsをはじめとした各種分析ツールの設置からデータ分析、改善のご提案まで包括的なコンサルティングを行います。


調査項目

サイトパフォーマンス調査
サイトの表示速度は様々な要因によって決定されます。
ソースコードの記述、サーバの応答速度、読み込む画像の容量など、分析すべきポイントは多くあります。
これらを専用ツールを用いて分析し、改善すべきポイントの提案を行います。

ユーザビリティ調査
人間には使いやすい・使いにくいという指標が存在します。
たとえばボタンが右にある・左にあるというだけでも、使いやすさは変わってしまいます。
お客様のWebサイトを専門の指標を用いて調査し、改善すべきポイントの提案を行います。

アクセス解析
Google Analyticsの分析データをさらに利用して、人間では分析しきれない導線について、AIを使った改善提案と今後の
改善効果予測をグラフ数値で提案します。